高額案件も存在するフリーエンジニア

会社でエンジニアとして働いている方でも、フリーエンジニアに興味を持ち、いつかは独立をしたいと考えている人も少なくないでしょう。独立というと難しく思えるかもしれませんが、独立をすること自体に関しては、実際にはそれほどハードルは高くありません。
技術的な側面から見ても、会社員となって自分の力で業務を遂行することができるレベルに到達していれば、独立しても仕事を得ることが可能です。資金的な面でも、ある程度仕事に目処がつきそうになるまで貯金しておけば、開業にこぎつけることができます。

会社員時代には、月額100万円の給与を目指すことは難しく感じるかもしれませんが、フリーエンジニアの場合には月額報酬として100万円といった高額の案件も存在します。相場として見れば、月額報酬は60万円程度になる傾向があるので、100万円というのは高額の案件と言えます。ただし、こうした報酬を得られるということは、期待されているスキルや、仕事の成果についても、相当に高度なレベルのものを求められるということになります。
このような案件の例では、官公庁などの大規模な案件での詳細設計、システム間に関わる連携系などが挙げられます。

いずれのケースでも、ITアーキテクトレベルで上流工程を担うことになるため、責任や仕事自体の難易度もかなりのものになります。高額案件は金額で飛びつくことは避け、内容をきちんと確認して覚悟を持って挑むことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です